芝刈りをするなら絶対に知っておいた方が良いルール

なぜ庭木が病気にかかってしまうのか~病気の原因となるもの~ なぜ庭木が病気にかかってしまうのか~病気の原因となるもの~

芝生を病気から守る~健康的で美しい仕上がりにする~

草

芝生を健康的な状態で維持するためには、それなりの努力が必要です。また、芝刈りのやり方一つで、芝生の見た目を大きく変えることもできます。そのため、芝刈りをする際に守るべきルールを知っておくといいでしょう。

健康的な芝生を維持するには

水やり
芝生を健康的に育てていくためには、適度な水やりが肝心です。春であれば、水やりを週に2回は行なうようにしましょう。また、春のような涼しい季節であれば、水やりの頻度は少なくて済みますが、夏になると土が乾くペースは速いので水やりは毎日の日課となります。
小まめな芝刈り
芝生の成長が早い夏場は、芝刈りを月に4回は行なうようにしましょう。春や秋は、夏ほど芝が伸びないので、月に2回ほどで十分です。しかし、あまり伸びていないと感じるなら、無理に芝刈りをする必要はありません。また、刈り取った後に残ったカスを片付けずに放置すると、病気の原因となるので必ず処分するように心掛けましょう。
サッチ分解
サッチ分解剤を使うことで、土壌を改良することができます。また、芝生の保水力を向上させることができるのです。さらには、病原菌の住処も除去する効果もあるので、芝生をいつまでも健康に保つことができるでしょう。

芝生の健康を維持するためには、常日頃から芝生が健康に育つような環境を整えておく必要があります。そのためには、定期的な芝刈りや小まめな水やりがとても重要となってくるのです。ですから、面倒臭がらずに、ちゃんとメンテンナスしてあげるようにしましょう。手入れをした分、綺麗な芝生を手に入れられます。

美しい仕上がりにする

芝刈りをするのであれば、絶対に覚えておいた方がいいことがあります。それは、3分の1法則です。この、3分の1法則は芝の長さを表しています。芝生をこの長さに統一すると見た目が非常に良くなるだけでなく、芝生全体の環境も良くなるのです。

TOPボタン