間伐をすることで、庭木が病気にかかりにくくなる

なぜ庭木が病気にかかってしまうのか~病気の原因となるもの~ なぜ庭木が病気にかかってしまうのか~病気の原因となるもの~

病気になりにくい庭木を植える~間伐の必要性~

木

木は種類によって、病気にかかりやすい木と、そうでない木があるのです。庭の見た目にこだわるのであれば、雰囲気に合った木を自分の感性で選び、植えたいと考えることでしょう。しかし、病気になられては困るという考えがあるのであれば、ここで紹介する木を選ぶと良いです。

病気になりにくい庭木

病気になりにくく、外部の影響に強い木といえば、常緑樹が挙げられます。この常緑樹は、一定の樹形を保ちつつ成長していくという特徴を持っています。また、季節が変わっても、大きな影響を受けることがありません。ですから、一度育ててしまえば後は安心して成長を見ていられるのです。他にも、シマトネリコという樹木があります。この樹木は、管理に手間がかからないというメリットがあるので、忙しい人でも簡単に育てることができます。

定期的な間伐も必要

庭木の病気を未然に防ぐためには、害虫対策をすることが必須条件となります。

間伐も病気予防につながります(除草業者)

庭木が複数ある場合は、ちゃんと間伐もしたほうが良いでしょう。何も手を加えず、ずっと放置していると、蚊やハエが発生しやすくなります。また、隣の木同士で栄養の取り合いをしてしまうので、最終的に片方の木に栄養が偏ってしまい、もう片方はダメになってしまうことがあるのです。ちなみに、枯れた木が病気の発生元となることもあるので注意しましょう。

病気にかかりにくい常緑木やシマトネリコを庭に植えることで、木の育成のために多くの時間を使う必要がなくなります。また、ある程度のメンテナンスで、長期的に見た目を維持し続けることができるので、仕事が忙しく、木の手入れに時間を割けないという人には打ってつけだといえます。

TOPボタン