芝刈りや草刈りを行なう業者が使う薬剤の安全性について

なぜ庭木が病気にかかってしまうのか~病気の原因となるもの~ なぜ庭木が病気にかかってしまうのか~病気の原因となるもの~

庭の健康を守る~芝生や庭木が病気になる原因とは~

庭の芝生や庭木は、外観をよく見せるためには重要なものといえるでしょう。時に、この庭木や芝生は病気にかかることがあります。病気にかかってしまうと見た目が悪くなってしまうのです。ここでは、庭木や芝生が病気になる原因と対策方法を紹介します。しっかりと把握していれば庭木や芝生が病気になるのを防ぐことができます。

芝生や庭木が病気になる原因


芝生が病気になる原因は何ですか?
芝生が病気になる原因は主に二つあります。一つ目は、芝生自体の耐病性の低下が挙げられます二つ目は、土壌の環境が悪く、病原菌が繁殖しやすくなっていることが挙げられるでしょう。この二つの原因を改善することができれば、芝生が病気になることを防ぐことができます。病気を防ぐ方法としては、土壌処理をすることや、芝生を健康的に育てるなどをしなければなりません。
庭木が病気にかかる原因は?
庭木は病原菌や病中発生によって、病気にかかってしまいます。他にも、庭木に傷ができることがあれば、それが原因となり病気にかかることもあるのです。また、外的なストレスによって病気にかかることもあります。これらの理由が、庭木が病気になる一般的な理由として知られているのです。庭木を病気にさせないためには、庭木周辺の環境を良くすることが大事といえるでしょう。

主な症状

芝生の場合
一口に芝生といっても、芝生には様々な種類があります。芝生の種類によっては、かかる病気が異なるのです。高麗芝であれば、春になると、春はげ症という症状を発症します。この症状は一度発症すると、また再発する可能性が高い病気です。また、高麗芝やその他の日本芝は、さび病という症状を発症します。他にも、西洋芝は夏頃にブラウンバッチという病気にかかりやすくなるという特徴があるのです。
庭木の場合
庭木は、根や枝葉や幹が病気にかかります。根っこからの病気には、ナラタケ病や、白紋羽病というものがあるのです。ナラタケ病は松やヒノキ類で発症しやすい病気です。このような根っこからの病気は、深刻な症状に繋がることが多いといえます。この、ナラタケ病は木を枯れさせてしまう恐れがあるので、注意が必要です。木の下にきのこが生えていることがあれば、病気だと判断しても良いでしょう。

病気になるのを防ぐには

女性

まず、病害虫に効果がある薬を撒きましょう。庭木が何本もある場合は、間伐が必要となります。間伐する理由は、栄養の取り合いを避けるためです。他にも芝生は、ちゃんと芝刈りをしておきましょう。芝刈り後は、草取りをしてキレイにしておきます。そうすることで、病原中の繁殖を防ぐことができるのです。

安全に消毒をするには~プロに予防してもらう~

市販で販売されている薬剤と比べると、業者が使用している薬剤は、かなり安全性の高いものとして知られています。ですから、安全性に不安がある方は業者へ消毒を任せるといいでしょう。

消毒について


安全に消毒するにはどうすれば良いですか?
芝刈りや間伐、草取りを行なう業者の多くは、毒性の低い薬剤を使用しています。また、人体に被害が出ないような作業を心がけているので、依頼人が薬によって害を受けることもないのです。ですから、安心して作業を任せましょう。

TOPボタン